• App
  • アプリ

超簡単!iPhoneでハイレゾ楽曲を聴く方法教えます!|Onkyo HF Playerレビュー

iPhoneでハイレゾを聴こう!

音楽の秋です!

季節の変わり目を音楽から感じ取る人も多くいるのでは無いですか?

Hi-Res(ハイレゾ)楽曲を聴くと、耳が幸せになります!

もうワクテカです!

すさんだ心まで癒やされます←

Apple MusicのAACコーデックでも悪くはないのですが、

FLACやDSD形式のものを聴くと素人でもその違いがはっきり分かるほどです!

ハイレゾ音源は考えられないほど豊かで繊細な音を聴かせてくれます。

今まで聴いていた楽曲が全く違うものに感じるほどです!

残念ながら、iPhoneに標準で備わっているMusicアプリでは、ハイレゾ音源を再生することが出来ません。

そこでまず準備して欲しいのが、Hi-Res再生対応音楽プレーヤーです。

App Storeからダウンロードしましょ!

おすすめのハイレゾ再生音楽プレーヤーは?

高精度ハイレゾ音楽プレーヤー Onkyo HF Player

私の一推しのプレイヤーがこれです!

このアプリは”高精度ハイレゾ音楽プレーヤー”と言うだけあって、他のプレーヤーの中で性能が頭一つ抜き出てます。

説明

16,000以上の個別バンドを持ち、高精細なHDイコライゼーション操作ができるタッチ調整可能なリニア位相FIRイコライザで、あなたのiTunesライブラリの音楽をロスの少ない高品質な音質で自在にコントロールすることができます。
また、ユーザーがカスタマイズしたEQプリセットの名称の保存や、プロのミュージシャンが作成したイコライジングも選択可能です。

HDプレーヤーパック
HDプレーヤーパックを購入することでFLAC、DSD、192kHz/24bit WAVなどのハイレゾ音源をHF Playerで再生することができます。これらのハイレゾ音源は、iOS9以上のデバイスから”Lightning – USBカメラアダプタ”または”iPad Camera Connection Kit”を介してUSB DACに出力することができます。
DSDの外部出力に関してはPCM変換、またはDoP出力の選択が可能です。
また、広告が非表示となります。
※iPhone/iPad/iPod touch本体のヘッドフォン端子で再生する場合は、88.2kHz以上のコンテンツは48kHzにダウンサンプリングされます。
※HDプレーヤーパックはアプリ内から購入することができます。

1. 機能
高精度イコライザ(16,384ディスクリートバンド、リニア位相FIRフィルタ)
•選択可能なHDイコライザモード(64ビット)
•自動アップサンプリング機能
•クロスフェード再生オプション
アルバムアートワークや歌詞の表示
•リピート再生機能(1曲/同一リスト内)
•レジューム再生機能
•シャッフル再生機能(同一リスト内)
•早送り/巻き戻し機能
•著名なミュージシャン達がOnkyoヘッドフォンのために独自にイコライジングしたプリセットモード
•プレイリスト機能、「再生待ちリスト」への楽曲の追加で簡単に作成可能
有償版ではHDライブラリとiPodライブラリのコンテンツが混在したプレイリストを作成できます。
リアルタイムDSD変換機能 (有償版、iPhone 5s以降の64bits CPU端末のみ対応)
AirDropを使用したワイヤレスでハイレゾ音源の転送。
※iOS 9 以降を搭載したiOS端末およびMac OS X Yosemiteを搭載し、「Bluetooth 4.0」(BLE)に対応したMacが必要です
•e-onkyoからの直接ダウンロード機能(iOS8以降の端末のみ)

2. 対応フォーマット
•無償版(iPodライブラリ)
MP3/AAC/ALAC/WAV/AIFF (~48kHz)
※DRMで保護されたファイルは再生できません。
•有償版(HDライブラリ+iPodライブラリ)
上記のフォーマットに加え、
DSF/DSDIFF(2.8MHz/3MHz/5.6MHz/6MHz/11.2MHz PCM変換/DoP出力)
FLAC/ALAC/WAV/AIFF(~384kHz)
OggVorbis (~192kHz)
※これらのオーディオファイルは、iTunesの同期設定画面にある「App」タブ内の「ファイル共有」からHDライブラリに転送することできます。
※DSD11.2MHz以上の再生の推奨環境は、iPhone5S以降となります。
※HDライブラリにMP3ファイルを入れることはできません。

3. その他の制限事項
•iPhone4以前のデバイスでの再生におきましては、高度なHDイコライジングモード処理が要求されるため、スムーズに再生できない可能性があります。
•DSF、DSD-IFFなどのDSDフォーマットをDoP出力する場合にはイコライザ、クロスフェード機能は無効となります。また、周波数特性も表示されません。

音質、使い勝手共にHF Player 最高です!

使用感

聴いて見ての感想ですが、

原音に忠実な再現性で、妙に脚色していないところが素晴らしいと思います

使用するイヤホンやヘッドホン、または楽曲によっては、少々「フラットな感じ」思う方もいるかもしれませんが、その分

イコライザー機能がとても充実している

ので全く問題ありません。

Rock、POPなどベーシックなプリセットからプロミュージシャンが手がけたプリセットまで入っており、Apple Ear PodsやOnkyo製のイヤホンに合わせたプリセットも組み込まれているほどです。

また、楽曲再生中にiPhoneを横に倒すと自動でイコライザー表示がされて、音楽を聴きながら直感的に音質を調整出来るのもポイント高いです。

嬉しいのが歌詞表示をしてくれるところです

スライドショーには JavaScript が必要です。

e-onkyoでハイレゾ楽曲を購入しよう!

 

 

※このサイトの各所にバナーがあります

mora(ソニー)も良いのですが、何故e-onkyoをおすすめするかというと、

  • e-onkyoの方がメジャーからマイナーなものまでFLACやWAV形式の楽曲が多い!
  • 楽曲のジャンルが豊富!
  • mora はなぜかAAC-LC(ハイレゾ相当)の楽曲が多い
  • e-onkyoはハイレゾ楽曲のリリースが早い!
  • フェアーをよくやっている
  • ダウンロード方法が親切!(Macでも専用アプリで簡単ダウンロード)

まぁ、最後には欲しいアーティストの楽曲があるかないかで決めるのですが、e-onkyoは色んなジャンルごと季節ごとのフェアーもよく開催しているのでサイトはこまめにチェックしておきましょう!

※補足 できればポタアン(いいイヤホンも)用意しよう!

いきなりハードルが上がりますが、ポタアン(ポータブルアンプ)は欲しいところです!

私は、未だにOPPO HAー2SEを使っています(お気に入り)。

画像:OPPO HA-2SE

 

ポタアンが有るのと無いのとでは、iPhoneで音楽を聴く上で天と地ほどの差が生まれると言っても過言でないでしょう。

どうせハイレゾ楽曲を聴くならポタアン+ちょっといいイヤホンも揃えた方が幸せになります!

今なら前モデルのHA-2の中古が¥8,000程度で手に入ります。

これは既に生産終了品なのですが名品ですよ!

バランス接続も出来るのでとても気に入ってます。

iPhoneとサイズ感が同じなので、重ね持ちして移動したりするのがとても便利なんです!

しかも充電が爆速です!

急速充電仕様なので30分もあれば70%程度まであっという間に充電してくれます。

楽曲管理はiTunesが使えるよ!

Appからでも楽曲のダウンロードが出来るのですが、私はデスクトップでe-onkyo ダウンローダーを使って、デスクトップのローカルに保存する方が良いと思います。

何故なら、再ダウンロード数は10回という制限があるからです。

そしてダウンロード購入した楽曲のファイルは、ドラッグ&ドロップでiTunesの共有に放り込んでやり、iPhoneと同期してやればOKです。

超簡単でしょ!

皆さんも気軽にハイレゾ楽曲を楽しんでみて下さい!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。