カテゴリー
Others

絶対分かる!Xdomainで取得したドメインをXserverとMacメールに追加・設定する方法

この度、ドメインを複数取得しました。
最初はお名前.comで購入するつもりでしたが(やはり安い、特に.biz)、サポートに問い合わせたところ、
「他社レンタルサーバーでも設定できるが、Whois公開情報はお名前.comの管理になる」
と言われたので、エックスサーバーを使っている自分からしてみれば、
「え〜何故?」
と疑問を抱きながら、設定や後々面倒が起きるのが嫌で、Xdomainで取得することにしました。
お名前.comから、
「今日だけ.comが<350円OFF>」
とメール来ていたにもかかわらず、大英断をしてXdomainで購入したのですが、結局は設定が楽で良かったです。
※ お名前.comではドメイン購入時に、Whois情報公開代行にチェックを入れないと毎年980円?程余分にお金かかります。サポートに文句を言っても対応してくれません。
ドメインは、契約しているサーバー会社で取得した方が良いですね。
その辺りも含めて今回は、Xdomainで新たに取得したドメインをXserverに設定する方法を超初心者でも分かりやすく図解で説明します。
※ 画像はクリックすると拡大します
※ 2018年12月17日から、『エックスドメイン』の「管理パネル」がエックスサーバーの会員管理システム「インフォパネル」に統合されて、より使いやすくなります。

Xdomainでのドメイン取得と設定方法

ドメイン取得

ドメイン名取得&無料レンタルサーバーサービス『エックスドメイン』
まず、上のリンクからXdomainのトップページに入り、ドメインを取得します。

希望のドメインを選んで、メールアドレスなど必要事項を記入して決済します。
すると直ぐに「ドメイン取得完了のお知らせ」メールが届きます。
※ Gmail等のフリーメールではなく、確実に保存が出来るインターネットプロバイダーのメールアドレスで登録する方が良いです。

ドメインの設定

「ドメイン管理」→「契約ドメイン一覧」をクリックして、「ドメインの一覧」を開きます。
そして「ドメイン設定」をクリックします。

ここでネームサーバーの設定を先に済ませます。

ネームサーバーの設定

ネームサーバーの設定をクリックします。

ネームサーバーの変更ボタンをクリックしてプルダウンメニューを表示させます。

ドロップダウンメニューの「エックスサーバー」を選択します。
(エックスサーバー運営のレンタルサーバーしか選択肢はないので迷いません)

自動的にネームサーバーの設定が反映されます。

ネームサーバー1〜5まで反映されているのを確認出来たらOKです。

Whois公開情報の確認・変更ボタンをクリックして、Xserverが代理公開人になっているのを確認しておきます。

カテゴリー
BLOG

トラブル発生!WordPressの再インストールしました!

サイトを改造しようと思って、色々と触っていたら、レイアウトが崩れ、挙動もおかしくなってしまいました。
しかも、アイキャッチや記事内画像も表示されない状態に。

それで、急遽バックアップから復元したのですが、それも駄目。
あまり溯って復元しても、数少ない記事が消える始末。。。
プラグインを全停止しても、効果無し。
思い悩んで数日、WordPressの再インストールに踏み切りました。
サーバーのワードプレスをアンインストールして、phpMyAdminのデータも空にして、おかしくなったデータを全消去!
とってもCleanな状態から、重要データのみをインポート。
「よし、これでいける!」
と思いきや、メディアファイルに画像が表示されているにもかかわらず、記事に読み込まれない状態に。
さぁ、パーティーの始まりだ。

リライトです。
記事を全速力で復旧しながら、画像データを探し回って、保存しようとしたらマジックマウスに指が当たって前のページに戻ってしまい、それまでリライトした記事が消えて最初から書き始めること数十回。
笑うしかないです。

一瞬、マジックマウスを破壊しようかと思いましたが、踏みとどまりました。
それで何故か、
「テーマを変えてカスタマイズし易くするんだ!」
というよからぬ考えがよぎり、変えようとしたのは良いけれど、そちらの設定で余計に手間取る始末。
時間はない、他にもやるべき事がある中、折れそうな心と戦いながらやりきりました!

結局は何とか元に戻ったのですが、肩、首、腕と腱鞘炎です。
なんとも、非生産的な1週間を送ってしまいました。
12月は頑張って更新します!