カテゴリー
BLOG

トラブル発生!WordPressの再インストールしました!

サイトを改造しようと思って、色々と触っていたら、レイアウトが崩れ、挙動もおかしくなってしまいました。
しかも、アイキャッチや記事内画像も表示されない状態に。

それで、急遽バックアップから復元したのですが、それも駄目。
あまり溯って復元しても、数少ない記事が消える始末。。。
プラグインを全停止しても、効果無し。
思い悩んで数日、WordPressの再インストールに踏み切りました。
サーバーのワードプレスをアンインストールして、phpMyAdminのデータも空にして、おかしくなったデータを全消去!
とってもCleanな状態から、重要データのみをインポート。
「よし、これでいける!」
と思いきや、メディアファイルに画像が表示されているにもかかわらず、記事に読み込まれない状態に。
さぁ、パーティーの始まりだ。

リライトです。
記事を全速力で復旧しながら、画像データを探し回って、保存しようとしたらマジックマウスに指が当たって前のページに戻ってしまい、それまでリライトした記事が消えて最初から書き始めること数十回。
笑うしかないです。

一瞬、マジックマウスを破壊しようかと思いましたが、踏みとどまりました。
それで何故か、
「テーマを変えてカスタマイズし易くするんだ!」
というよからぬ考えがよぎり、変えようとしたのは良いけれど、そちらの設定で余計に手間取る始末。
時間はない、他にもやるべき事がある中、折れそうな心と戦いながらやりきりました!

結局は何とか元に戻ったのですが、肩、首、腕と腱鞘炎です。
なんとも、非生産的な1週間を送ってしまいました。
12月は頑張って更新します!

カテゴリー
BLOG Life Style

実際に試してみた!Udemyでスキルアップしよう!

Udemyとは?

「Udemy(ユーデミー)」ってご存じですか?

世界最大級のオンライン学習プラットフォームのことです。
米国シリコンバレー発祥のUdemyは、学びたい人と教えたい人をつなぐCtoCの学習マーケットプレイスです。
2010年の設立以来、2,000万人の生徒が プログラミングからヨガ、写真に至るまで、あらゆるコースを受講しています。
実績のある講師陣が教える6万5千以上の種類の講座を、 オンデマンドで、いつでもどのデバイスからでも自分のペースで学ぶことができます。
ネットサーフィンをしていてこんなバナーを見たことありませんか?

▽クリックでサイトに飛びます


日本における事業パートナーは「ベネッセ」なんです。

Udemyは、こんな方々におすすめです。

  • 自ら学び続けたいという意欲のある方
  • 転職、会社でのキャリアアップに前向きな方
  • テクノロジー、ビジネスに関するスキルアップに関心が高い方
  • 仕事に関連して、スキル獲得や資格取得が必須な方
  • 手に職をつけるために自己投資を検討している方
  • 新しい趣味を始めたばかりで上達したい方
  • 忙しくまとまった時間がとれなくても学習の意欲がある方

最近は日本語講座も充実しており、豊富なカテゴリーからコースを選択できます。
気軽に試せる無料コースまであったりします。

Udemyの特徴

  • いつでもどこでも(PC、スマートフォン、タブレットで)
  • 高品質で豊富なジャンル!(80000のオンラインコース)
  • 価格が魅力的(通常クーポン適用、キャンペーン、新規受講生特別割引等)
  • 世界中で17,000,000人以上の人が利用!
  • 20,000人以上の講師!
  • 55,000以上のコース!

自分が学びたい、「今身につけたい」スキルが直ぐに見つかる、学べるという
実に画期的、効率的、経済的な学習方法なんです!
しかも、受講者への安心制度も整っており

  1. 30日間返金保証!
  2. 修了証明書発行!
  3. 講師に質問ができる!

Udemyの使い方

Udemyは会員登録費用や月額費用は必要ないです。
登録から受講までのステップも非常にシンプルで、
① 無料会員登録 → ② 受講コース選択 → ③ 受講する
の3ステップだけです。
簡単です

実際に受講してみた!

実際に受講してみた感想は、「学ぶ」と言うより「習う」という感じがして、とても楽しくカリキュラムを進めることができます。
特に、

  • 何冊も本を買ってはみたものの挫折した人
  • 老眼で本を読むのが辛くなってきた人
  • 文章では伝わらない動きのあるもの(ギターなどの楽器の運指)

こんな方達には、特におすすめです!
実際にギター教室に入信すると毎月のお布施が結構掛かることを考えれば、激安ですみます!

Udemyサイトトップページです。新規登録ボタンから無料会員登録しましょう!

ここでの名前は何でもいいです(ニックネーム等)。気にする必要はありません。

ホーム画面です。ここから好きなコースを選んで下さい。

たとえばエレキギターの講座

講座内容のプレビューもできます

もちろん無料のコースもあります

無料なのにサンプルデータまで提供してくれます!

コースの動画です。本を読み進めるより直感的で理解するスピードが速いかなw

感想

実に面白いです!役に立ちます!しかも格安です!
新規入会した人は、特別価格でいくらでも受講できます!
(¥1,300のコース2本セットで¥2,400とかもありますよ!)
キャンペーンも時々やっているようですし、ニュースレターは要チェックですね!
支払い方法はクレジットカードまたはPayPalでできます。
昔は日本語のコースが少なかったのですが、今ではかなり増えていて驚きました。
もちろんコースの内容だけで完結できない部分もあります。
そんな時はあらためて参考書を見たりするのもいいですし、
掲示板で先生に質問したりして理解度を高める事もできます
(およそ12時間以内には質問の回答が返ってきます)
ネイティブの英語をテロップ付で学習するのもかなり効果的だと思います。
子供さんがいる家なら一緒に勉強することで家族の絆が深まるかも?
iPhoneやiPadのAppもありますよ!

補足

注意点として、
Adobe PhotoshopCCのコースを受ける際に、先生が使うPsのバージョンの違いでインターフェースに迷うところがあったりします。
受講するコースを選ぶ際には注意しましょう!(更新日、レビューも必ずチェック!)
読書の秋と言いますが、動画の秋ということでスキルアップをしてみてはいかがでしょうか?

▽クリック

カテゴリー
BLOG

【発行元の担当者に実際に聞いた】正しいSSLサーバ証明書の選び方!

悩んでいます。
このサイトは常時SSLに近日対応するとお知らせしたのですが、限られた選択肢の中でどのブランドにするかどの様な形で申請するか、非常に悩んでいます。
このサイトはXserverを使っているのですが(一応、SSL通信です)、カスタマーサポートに問い合わせたところ、他社からの証明書の持ち込みは出来ないと言われんです。
そんなわけで、XserverのHPを見て、どんな独自ドメインを取り扱っているのか調べてみました。

Xserverで取り扱っているSSLサーバー証明書

Xserverで独自SSLの半額キャンペーンやってました。
けれど、対象ブランドがかなり限られており、しかもマイナーなブランドなんですね。
SecureCoreってご存じでした?
わたし自身、このサイトシールを見たことがなかったのでマイナーに感じているだけかもしれませんが、やはり導入するならメジャーなものの方がサイトを訪ねてくれる方も安心して下さると思うんですね。
まだまだ記事も少なく、リリースしたばかりのこのサイトですが、これから皆さんに喜んで頂ける機能を実装していく為にも、SSLのブランドにはこだわりたいのですが、流石に最高レベルのEV SSL証明書を発行して貰うのは予算的に厳しい。
OVは費用対効果が全く感じられないので、自然にドメイン認証という選択肢になってしまいます。
さてここで簡単に、SSL証明書の種類と違いを簡単に説明しておきますね。

SSLサーバー証明書の種類と機能の違い

超有名シマンテック(元ベリサイン)は金額的にもぶっ飛んでますが、Amazonなどの超有名企業は導入しているところが多いです。
(何故かXserverのサイトもシマンテックを使っています。謎です。)
ジオトラストはシマンテックが買収した子会社みたいなもんです。廉価版のドメイン認証を主に行う行き先不透明な会社という感じがするので、個人的にはもしも何かあったらと思うと安心できないです。
G社ってどこの会社のことを言っているのか分かりませんが、結論から言うとはっきり言って
SSL暗号化強度に関しては、EVもOVもドメイン認証も3つとも同じです
違いはありません。
違いと言えば赤色で囲んだ企業の実在証明ってとこだけなんです。
あと、URLがグリーンになるかならないかくらい?(鍵マークが付いていればグリーンじゃなくても暗号化されてます)

なりすましサイトとは?

なりすましサイトとは、SSLサーバー証明書の違いで起きるものではなくて、そのサイトがマルウエアに感染したりセキュリティの問題で乗っ取られるからなんです。
よくメールの添付ファイルを開いてしまったが為に、仕込まれたマルウエアのせいでサーバーがダウンとかサイトがダウンとか。
そしてコピーサイトが発生!注意喚起!
って事が以前はよく有りましたよね。
はっきり言ってヒューマンエラーか、セキュリティの問題です。
Googleが提唱しているサイト全体のSSL化っていうのは、トップレベルのサイトだけ暗号化するのではなく、その配下(下層)も含めてサイト全体を守ることが必要って言っているんです。
それは正にユーザー保護の為であり、クライアント視点なんですね
サイトが常時SSL化していれば、それを見に来てくれるユーザーの通信も保護されるって事なんです。
GoogleはEVの証明書を取りなさいとは一言も言ってないんです

結論:ドメイン認証でもEV認証でも暗号化レベルは変わらないので安心して下さい

って、問い合わせたSSLサーバー証明書の発行元の担当者から言われましたw
だって、暗号化強度は同じなので、常時SSL化したサイトであれば、クレジットカード情報を入力してもそれが傍受されて外部に漏れることは決してないんです。
また、クレジットカード情報を悪用しても直ぐ捕まりますし、カード会社自体が保険に入っているので、使用者側には不利益は発生しないんですって。
ただ、ジオトラストのように買収されたり勘違いさせるようなことをHPで言っているような会社は先行き不透明なので、個人的には選択肢から外れます。
そうなってくると、国産で発行枚数もかなりあり、有名企業も多数導入しているGlobal Signが安心かなって思います。
高いけど。
この記事を書いていてわたし自身、頭の整理が出来たので本当によかったです。
ビジネスタイプのサーバーに乗り換えようかなとも思ったりもしたのですが、それは今のサーバーで処理しきれないくらいになるか、必要に迫られてからでいいやって思いました。
明日、いやもう今日ですね。
もし間に合えば、申し込みします。
早く、サイトに来て下さる方々に安心・安全を実感して貰えたら良いなって思っています。
今後とも宜しくお願い致します!

カテゴリー
BLOG Furniture Mac Others

使い心地最高!Mac にぴったりな素敵なデスクブランド教えます!

Apple Store のようなデスクが欲しい

Apple Store 店内って素敵ですよね!

シンプルで、洗練されてて、ワクテカですよねー!

特に、Apple製品が陳列されているあのテーブル!憧れます↓

イメージはこんな感じだけど、部屋に入る大きさで奥行きは70cmは欲しい、けれど価格はできるだけ抑えて、、とAmazonで探しまくりました。

けれどパソコンデスクってみんな似たり寄ったりで、あまり個性が感じられないんですよね。

そこでGoogle先生にお願いして、「木 デスク シンプル」で画像検索したら、、、出てきました、それも沢山。

そこで気づいたApple Store のイメージと繋がるキーワードは「北欧風」!

そこで、

Macに相応しいデスクブランドをご紹介!

結論から言います。

LOWYA のデスクです。

これを買いました。

デスクを購入するに至った経緯

これまで私はラップトップ派でした。

ある意味、机が無くてもなんとかなってたんですね。だから机にはアイロン台を使ってましたw

ただ、無理な姿勢を長く続けると、首・肩・腕・手首・腰、、まぁ全身ですね、

めちゃくちゃ痛くなるんです。

バンテリンは必需品です。

いま持っているのは、MacBook Pro 15′ Late2013 Ultimate。

画面が15inchとはいえ、ウインドウを開きまくってMission Controlで作業をするのもかなりのストレス。

しかも空きディスク領域が30Gを切ってしまい、PSやIllustratorCCを使ってて直ぐに固まるし、とにかく遅い!

レインボーカーソルに悩まされ続ける日々を送っていた時に、画面が時々ちらついてマウス操作を受け付けない不調に見舞われ、この際だからとiMac27’ 5KモデルをCTOで購入しました。

ただ、

iMac様を置くデスクが無い

折角iMac 5K 27inch CTO モデルを買うなら、それに相応しいデスクが欲しいとなったわけです。

このデスクは北欧製でとても人気があるそうです。

ちょくちょく在庫切れになりますが、知らないうちに入荷していたりします。

今すぐデスクが欲しいけど、タイミングが悪くて他のを選ばざるを得ないと言う時でも安心して下さい。

他にも魅力的なデスクが複数ありますよ。

こちらはいかが?

カテゴリー
BLOG News

オウンドメディア・キューレーション系Webマガジンサイト「Wohltech」リリースです!

初めまして!Owner/Proprietor の”Wohltech”です。
ヴォールテック” と読みます。
ドイツ語なのですが、”wohl” は英語の ”prosperity”、繁栄, 隆盛, 繁盛, 盛況, 栄え, 興隆を意味します。
“tech”は英語と同じで、技術, テクノロジー, 科学技術 という意味です。
「え?その辺に転がっているテック系ブログなの?」
う〜ん、、確かにテック系は好物なのですが、このサイトは、
美しいモノ、楽しいモノ、心躍るモノを詰め込んだ「マルチメディアマガジンサイト」
にしていくつもりです。
基本、寝落ちしなければ毎日更新していくつもりですが、なにせゆるい記事ばかりになると思うので、通勤・通学途中にチラ見して貰えたら光栄です。
もし、2,3日更新してなかったら、
「おい、ちゃんと更新しろよ」
といったメールも励みになるので送ってやって下さいw
今はライターが私ひとりなのですが、今後増やしていくつもりです。
NZに親友がいるので、(頼み込んで)海外ローカルネタとかも今後発信していくつもりです。
今後、いろんな機能も実装していきますので、楽しみにしていて下さいね!
「じゃぁ、わたし(俺)にもこのサイトでこんなカテゴリーでこんな記事を書かせろー!」
という勇者がいましたら、
info@wohltech.biz
まで、ご連絡下さい。特にコスメ、ファッション系のライター募集中です!
今は小さな木船で独りでネットという大海原に乗り出したところです。
それが大勢の仲間達と一緒に豪華客船で旅をする様になる為にも、一緒にこのサイトを盛り上げていってください!
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!