カテゴリー
Others

絶対分かる!Xdomainで取得したドメインをXserverとMacメールに追加・設定する方法

Xdomainで新たに取得したドメインをXserverに設定する方法を超初心者でも分かりやすく図解で説明します。

Xserverの設定

SSL設定について

Googleがサイト全体のSSL化(https)を推奨(必須)と言っています。
ブログ程度でしたら、無料独自SSL(Let’s Encrypt)で十分です。
Let’s Encryptは、「wwwあり/なし」いずれのURLでもSSL通信が可能な「2Way利用」に対応しており、サブドメインでも利用可能なので、使わない手はないです。
ブラウザのアドレスバーに鍵のマークも付きます。
設定はワンクリックで済むので、必ず行う様にしましょう。
ネットショップをするのであれば、
サイトの安全性と信頼感を高めるためにも、サイトシールに対応したオプション独自SSLのサーバー証明書を導入して、サイトシールを貼り付けた方が良いでしょう。
もしそういった事情でオプション独自SSLを導入するのであれば、少し頑張って「SecureCore 企業認証SSL」の導入をお勧めします。
ただ、企業認証SSLやEV認証は、企業認証型となるため、登記簿の提出が求められます。
個人で行っていてそれが難しい様であれば、Symantec傘下の「GeoTrust(ジオトラスト)クイックSSLプレミアム」か「Global Sign(グローバルサイン)クイック認証SSL」がおすすめです。
クレジットカードや個人情報の暗号化通信の安全性に関しては、EVもドメイン認証も変わりません。
導入に際しては、ワイルドカード証明書のメリット・デメリット、幅広いWebブラウザ環境に対応する場合は「IPアドレスベース」などを理解した上で、検討することをおすすめします。
あとは、ブランドに対する信頼ですね。
一番のブランドはAmazonでも使われているSymantecですが、その分とてつもなく高額な上、エックスサーバーでの取り扱いはありません。
また、持ち込みも不可です。

ドメインの追加と無料独自SSLの設定

Xserverのサーバーパネルにログインします。

左のツリーメニューの「ドメイン」から「ドメイン設定」を選択し、「ドメイン設定の追加」タブをクリックします。
空欄に、トップレベルドメイン(例:.comなど)を含んだドメイン名全てを入力(www.は必要なし)して、「ドメイン設定の追加(確認)」をクリック。

確認して間違いなければ、確定をクリック。

確定するとしばらくして画面が変わります。無料独自SSL設定に失敗した時は、「SSL設定」をクリックしてSSL化します。

「独自SSL設定の追加」タブをクリックします。
設定対象ドメインが間違いないことを確認して、確定をクリック。
※「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」には、基本チェックは入れません(Xserverが代理公開してくれているので)。
※ 自分の店や会社の住所を入れる場合は、チェックを入れて住所・屋号等を入力して下さい。


SSL設定完了です。

ドメインを取得して直ぐだと、この様にSSL設定に失敗することがあります。不具合ではありません。時間を空けて、もう一度設定しましょう。

設定の確認

左側のツリーメニューの「ドメイン」→「ドメイン設定」をクリックして、全てのドメインが設定されていることを確認します。

SSL設定も確認します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です